2019年3月9〜10日「やがて樹になる」release tour in 愛知

3/9、10の2日間は2組のアイリッシュミュージックのデュオとご一緒します。

ティプシプーカは、ホイッスル&コンサーティーナの高梨菖子さんとフィドル&ハーディングフェーレの酒井絵美さんのアイルランド音楽を基調としたオリジナル系デュオ。若手女性プレイヤー2人によるセンスで、色彩豊かで楽しい音楽を聴かせてくれます。

もう一組は、同じく若手アイリッシュハープ奏者の大橋志麻さんとアイルランド音楽とクラシック(ヴィオラ)の両シーンで活動をされ、最近はイベントのプロデュースも精力的な小松大さん。こちらは伝統曲をたっぷり聴けるはず。


3月9日...岡崎トレッドゴードマーケット

愛知県岡崎市は、実はスウェーデンのuddevallaと姉妹都市。

岡崎駅東口の「出会いの杜公園」にある素敵なお庭でのイベント。

こちらはフリーライブになっていてタイムスケジュールは以下のとおり。

詳細はこちらでチェックしてみてください。

10:30-11:00 小松大&大橋志麻
11:15-11:45 tipsipúca 
12:15-12:45 Gammal Gran
13:00-13:30 Irish Music Session
13:45-14:15 Gammal Gran

となっています。



3月10日「春を告げる3つのmüsik」

日曜は名古屋市大須のムジークさんでのライブ。

のみながら、食べながら、しっかり音楽を堪能していただけます。

楽しい夜になること間違い無しです!

OPEN17:30/START18:00

前売2,800/当日door 3,300 +要ワンドリンクオーダー

brasserie&cafe müsik カフェムジーク(大須観音駅より徒歩6分)

ご予約:daik327@gmail.com TEL052-323-0024(müsik)

こちらのページでもご予約いただけます。

tipsipúca(ティプシプーカ)

高梨菖子 Shoko Takanashi / ホイッスル、コンサーティーナ
酒井絵美 Emy Sakai / フィドル、ハーディングフェーレ

アイルランドの音楽をバックグラウンドとして楽曲を手がける高梨菖子と、その楽曲に独自のセンスで命を吹き込む酒井絵美によるデュオ。2013年結成。中村大史と熊谷太輔の加わったtipsipúca+として2018年に発表した「Storyteller」ではノルウェーの伝統楽器ハーディングフェーレを取り入れ、ますます楽しく面白く美味しいサウンドに。

小松 大&大橋志麻

小松 大/フィドル、大橋志麻/アイリッシュハープ

日本を代表するフィドル奏者として活躍を広げる小松 大とグローニャ・ハンブリーらに学んだアイルランド音楽シーンの期待の若きハープ奏者大橋志麻のデュオ。シンプルでやわらかな響きが持ち味で岡崎トレッドゴードマーケットや足助たんころりんの夕涼みなどに出演。フィドルの小松は岡崎トレッドゴードマーケットの音楽プロデューサーも担当。

Gammal Gran

深く根を張るグルーヴに倍音の音粒が降り注ぐ、過去と現代のハイブリットダンスミュージック