2019年3月17日リリースライブin大阪

◼︎2019年3月17日(日) 大阪・箕面
「Vind blåser, skogen vaknar ~森と水の目覚め~」

【時間】open12:30 start13:00

【料金】adv¥3,000/door¥3,500/小学生¥1,000/中高校生¥1,500 (ドリンク持込自由)

【共演】Shanachie

     nami:ハープ・足踏みオルガン

               midori:フィドル・ハルダンゲルフィドル

               aki:パーカッションetc

    Kanran

     ayako:ボーカル・ハーディガーディ

     トリタニタツシ:マンドーラ・ニッケルハルパ

     カリーム:ダラブッカ・パーカッション

【会場】箕面市西南生涯学習センターホール(箕面市瀬川3丁目2-5)

    ※有料駐車場(上限600円)有り ※キッズスペース有り


Shanachie シャナヒー

1998年結成以降、関西を中心に、ケルト〜北欧を軸にトラディショナルに留まることのない

スタイルとサウンドで独自の世界を放ってきた。

2013年3rdCDからは北欧の伝承歌やダンス曲をモチーフに、よりファンタジックな音作りに。

2016年より、4人の歌手と共に、北欧の物語歌に取り組む「Shanachie&Annikor」を始動。

器楽編成のシャナヒーと並行に活動の幅を急速に広げている。

2018年、この5年間の曲をまとめた、初の器楽集「She was under the tree」をリリース。

これまでにCD「サリーガーデン」「タイムブルー」「リュース」を発売。

3枚のコンピレーションアルバムに参加、発売している。

ゲーム、TVCM、映画、演劇の音楽を製作、海外アーティストとも多数共演。


Kanran カンラン(from 松阪)

北欧伝統音楽をベースにしながら、独自の音楽を探求し続けるユニット。

透明な北欧ヴォイスとマンドーラ、ニッケルハルパ、ハーディーガーディーなど

風変わりな古楽器によるサウンドはカンラン独自の世界。

聴くものを北欧の森深くへと誘います。

7年ぶりの2ndフルアルバム、プレリリースライブ。


Gammal Gran

深く根を張るグルーヴに倍音の音粒が降り注ぐ、過去と現代のハイブリットダンスミュージック